バイク野郎がお届けする、今が旬なバイクから俺のオススメの乗り方、修理方法をお前たちに伝授するぜ

【2017決定版】400ccクラスの現行おすすめバイク一覧

普通自動二輪免許で乗ることのできる一番大きな排気量の400cc。
車種が豊富で高速なども安定した走りが出来ることからかなり人気があります。
そんなパワフルな400ccのメリットとは?

400ccのメリット

  • 普通自動二輪免許で乗れる一番大きな排気量
  • 250ccと比べるとパワーが全然違いパワフル
  • 普通自動二輪免許を最大限活かした快適なバイクライフが楽しめる

400ccのデメリット

  • 400ccクラスでも200km/h近くでるものもある。
  • 大型と同じように車検がある。
  • 乗りだし費用が250ccなどと比べた場合高い場合もある。

400ccクラスといっても最近では300ccや350ccのバイクも増えてきたのがこのクラスの特徴です。
また今人気の高いロードスポーツ(レーサーレプリカ)も競合が激しく、4大メーカーのうち3社が今でも新車を出しているのも魅力的ですね。
ここではそんな400ccクラスを新車で購入できる現行のバイクを紹介します。

バイク高額買取の方法

SPONSORED LINK

ロードスポーツタイプ

ホンダ CBR400R

cbr400r

新車価格 \638,000円
燃費 39.7km/L〈2名乗車時〉
馬力 46PS

日常的に使う中低速域がトルクフルで街乗りでも快適に走れるほか、高回転域でもパワフルなエンジンとなっています。
フルカウルで風の抵抗も少なく高速道路から峠、街乗りなんでもこなせることが可能です。
イモビライザーが純正でついており盗難も純正で対策されている。

ヤマハ YZF-R3

yzf-r3

新車価格 \585,000円
燃費 34.6km/L〈2名乗車時〉
馬力 42PS

YZF-R25の兄貴分として同時に発売されたYZF-R3。
R25のエンジンをベースとしてボアアップされたエンジンからは軽量な車体には十分な42馬力が出力される。
軽量な車体との組み合わせは高速域での加速や振動の軽減など乗りやすく素晴らしいものになっている。
またアフターパーツも色々出始めているため自分好みのカスタムが出来るのもポイントです。

カワサキ Ninja 400

ninja400se

新車価格 \619,000円
燃費 37.5km/L〈2名乗車時〉
馬力 44PS

漢カワサキの唯一新車で購入できる400ccです。
250ccは一番売れたのがこのNinjaの250ccです。
250㏄はZZR250(180Km/h規制)の後継機として作られたのに対して、
400ccはER-6f(300Km/h規制)の排気量と最高速をダウンした国内仕様となっています。
250㏄と比べると車体の作りこみが全然違い、足回りはダブルディスク、タイヤの太さも太くスピードメーターもマルチディスプレイとなっています。
またフレーム剛性も違い車体は250ccと比べると30kgほど重たくシート高も若干高くなっており、一回り大きいものとなっています。
250ccと比べた場合は対費用効果が大きく250ccにこだわらない場合は400ccがオススメです。
ただ車検の有無や重量税も違うため購入の際はちゃんと把握した方がよいと思います。
また他にも種類が多く出ているのが特徴で上位モデルのSE(Special Edition)も非常にかっこいいものになっています。

ネイキッド

ホンダ CB400 SUPER FOUR

cb400sf

新車価格 \705,000円
燃費 31.0km/L〈2名乗車時〉
馬力 53PS

ここ数年で免許を取られた方だと教習車で使用したのは、CB400が多いのではないでしょうか?
大体はこの以前のモデルを教習車として使っている教習所が多いかと思われます。
もちろん教習車は教習車用として出力が落とされていたりするのですが、とにかく乗りやすい、扱いやすいです。
車体は約200kgあるのですが他のモデルと比べると全然その重量は気になりません。
まるで自分は運転はうまいのではないか?と錯覚するほど乗りやすいです。
しかしその乗りやすさからつまらないといわれることも・・・
ホンダのバイクは基本的に壊れにくく、ホンダのバイクはチョーク知らずといわれるほど高性能です。
個人的な感想としてはこのバイクならまぁ間違いないという感じです。
またハーフカウルのついたCB400 SUPER BOL D’ORも販売されています。
cb400superboldor

ヤマハ MT-03

mt-03

新車価格 \515,000円
燃費 34.6km/L〈2名乗車時〉
馬力 42PS

ヤマハのMTシリーズとして発売されたMT-03
大型のMT-07の排気量を落としたものです。
エンジンはヤマハYZFシリーズと同じもので扱いやすく乗りやすい仕様に
俊敏性とパワフルな走行性能はどこまでも乗っていたくなるようなものになっています。
また、バーハンドルでだれでも扱いやすくどんな状況でも自然な操舵フィーリングが味わえます。

ホンダ CB400F

cb400f

新車価格 \618,000円
燃費 39.7km/L〈2名乗車時〉
馬力 46PS

CBRと共通のエンジン、足回りでCBRをネイキッドにしたような車体です。
主な特徴はCBシリーズの海外モデルのCB1000Rから受け継がれたダイナミックなスタイリングです。
CBRとは違った乗りやすく街乗りでも扱いやすい仕様は様々な場面で楽しめます。

SPONSORED LINK

スズキ グラディウス400

gladius

新車価格 \770,000円
燃費 40.0km/L〈2名乗車時〉
馬力 55PS

欧州で人気のネイキッドを国内仕様にしたものです。
市街地での走行からツーリングのワインディングまで楽しめる仕様となっておりその特徴的なデザインは心をくすぐられます。
輸出モデルのグラディウスがベースとなっているため排気量変更だけではなくしっかりと作りこまれている。

スズキ GSR400

gsr400

新車価格 \820,000円
燃費 32.0km/L〈2名乗車時〉
馬力 61PS

600ccと同じ車格で2本だしセンターアップマフラーが特徴的なGSR400
剛性アルミダイキャスト製ツインスパーフレームを使っておりスリムな外観は特徴的です。
高剛性インナーチューブ径43mm正立フォークのフロントサスペンションを使用しておりタイヤの安定性が抜群です。

アドベンチャー

ホンダ 400X

400x

新車価格 \647,000円
燃費 39.7km/L〈2名乗車時〉
馬力 46PS

CBRと同じエンジンを持つ400X
コンセプトがアドベンチャータイプということで他のメーカーでは出していない400ccのアドベンチャータイプとなっています。
冒険心を高めるダイナミックなスタイリングは見ただけでロングツーリングに行きたくなるようなスタイリングに。
大きなタンクと自由度を高める専用のダブルシート、走行風を軽減のウインドスクリーンなどロングツーリングでは最大限のパフォーマンスを発揮します。

クラシック

ヤマハ SR400

sr400

新車価格 \510,000円
燃費 41.0km/L〈2名乗車時〉
馬力 26PS

発売からロングセラーとなっているSR400
オシャレな雰囲気の車体は飛ばしたり峠を攻めたりするバイクではなくいつまでも一緒にのんびり走るバイクです。
なんといっても様々なアフターパーツで自分好みにカスタムできこのバイクをベースに、カフェレーサーにしたりベース車両としても楽しいです。
シンプルな単気筒のためメンテナンスも簡単で初めてのバイクにオススメです。
大きな単気筒はトルクが大きく乗っていて楽しく飽きないバイクとなっています。

アメリカン

ヤマハ ドラッグスター400/ドラッグスタークラシック400

ds400 dsc400

新車価格 \72,4000円 / \76,2000円
燃費 39.0km/L  37.0km/L〈2名乗車時〉
馬力 30PS

オシャレな車体、大きくどっしりとした風格のドラッグスター400
ショートストロークでよくまわる空冷V型二気筒は乗っていて楽しいエンジンになっています。
新しいモデルでは最初からイモビライザーがついており燃料計も追加されたため安心して走れます。
またハーレーのような三角形のスイングアームでほんとにかっこいい仕様となっています。
シャフトドライブのためメンテナンスが簡単で安心ですね。
カスタムパーツがかなり豊富で色々なカスタムが可能です。

ホンダ シャドウクラシック

新車価格 \750,000円
燃費 40.0km/L〈2名乗車時〉
馬力 31PS

安心の水冷V型二気筒エンジンです。
ホンダなので安心してのることができ、また上品なアメリカンという雰囲気になっています。
チェーンドライブのため定期的なチェーンメンテナンが必要です。

スズキ ブルバード400

_

新車価格 \864,000円
燃費 33.0km/L〈2名乗車時〉
馬力 33PS

同クラスと比べるとかなり大きいブルバード400
ドラッグスターやスティードなどはゆっくり走るアメリカンという感じですがブルバード400は他のアメリカンに比べると攻めれる印象です。
ドラッグレーサースタイルのアメリカンという点が特徴です。

スズキ イントクルーダークラシック

新車価格 \853,200円
燃費 33.0km/L〈2名乗車時〉
馬力 33PS

フロントの細く大径のタイヤ、すっきりした前後のフェンダーのチョッパータイプのアメリカンです。

スクーター

ホンダ シルバーウィングGT

新車価格 \740,000円
燃費 32.0km/L〈2名乗車時〉
馬力 39PS

車体は2種類あり400ccも600ccも共通で車両重量まで同じスペックとなっています。
なんといっても便利で使いやすくスポーティーな車体はいつみても飽きません
カスタムパーツが多く、ナビやETCを付ける方が多いです。
高速道路を走る場合250ccのビックスクーターとは比べ物にならないほど安定して爽快にはしることが可能です。

スズキ スカイウェイブ400タイプS

新車価格 \740,000円
燃費 32.0km/L〈2名乗車時〉
馬力 31PS

ビッグスクーターでも大ぶりな特徴的な存在感が特徴のスカイウェイブ400タイプS
キーレスシステムを採用しており受信機より80cmいないでロックが解除されるシステム。
見た目以上に扱いやすく走行中でもストレスを感じない。
またシート下には63Lとおおきなメットインがあり実用性能も高い。

SPONSORED LINK

排気量別おすすめバイク

不動車の処分、愛車の売却について

バイク高額買取の方法

バイク購入の資金が足りない方へ


オリックス銀行のカードローンなら金利1.7%~17.8%での借り入れが可能となっております。

金利 1.7%~17.8%
限度額 最高800万円
審査時間 通常2~3日程度※土日を挟むと5日前後
専業主婦 借入不可

cardloan1

関連記事