バイク野郎がお届けする、今が旬なバイクから俺のオススメの乗り方、修理方法をお前たちに伝授するぜ

【高額査定】バイクの買取でおすすめは?【相場】

自分の愛車を手放そうと考えている方、乗り換えで次のバイクの資金にという方。
様々な理由で自分の愛車を売却したいという方がいます。

バイクの売却、買取には様々な方法がありますが、バイクを高額買取して欲しい場合はバイク買取専門業者に査定を依頼するのがおすすめです。

なお、バイク専門買取業者はネットから申し込むとすぐに無料出張査定に来てくれ査定を行います。
査定額に納得いくとその場で現金化も可能です。

何故ネットから依頼ができるバイク専門買取業者が高額査定をしてくれるのか、詳しく見ていきましょう。

バイク専門買取業者とディーラー、一般的なバイク屋さんのそれぞれのメリット、デメリット

バイク買取業者利用時のメリット・デメリット
バイクの買取や下取りは買取専門業者(ネット査定)やディーラー、一般的なバイク屋さんなど様々なお店で行っています。

ここでは買取専門業者、ディーラー、一般的なバイク屋さんの3種類のお店で売却した際のメリットデメリットをまとめてみました。
それぞれバイクの買取での強みや売却するメリットが異なるためしっかりと把握して自分にあったお店でバイクの売却をすることが大切です。

バイク専門買取業者で売却するメリット

バイク専門買取業者

  • どんなバイクでも買取可能
  • バイクの販売ルートが豊富なため高額査定に期待できる
  • 基本的に無料出張査定を行っている
  • 廃車手続きや自賠責の手続き、名義変更などが無料で代行可能
  • ディーラーや一般的なお店よりもバイクの買取に特化している

ディーラーで売却(下取り)するメリット

  • 新車などに乗り換えする場合別途割引がある場合がある
  • 下取りの価格表を元に買い取るため買取値(下取り)の価格が安定している

一般的なバイク屋さんで売却するメリット

  • 個人店であれば愛車の次のオーナーのことなどがわかる場合がある
  • 店長や店員などによって価格が変わることがある

バイク専門買取業者で売却するデメリット

  • 買い取り業者によって値段が異なる
  • 悪質な買取業者の場合出張費用を請求される場合やセールスがしつこい場合がある。

ディーラーで売却(下取り)するデメリット

  • 下取りしか取り扱いがなく現金化はできない
  • 基本的に同メーカーの車種のみしか下取りできない
  • あまり高価格での下取りは期待できない

一般的なバイク屋さんで売却するデメリット

  • お店によっては買取を行っていない場合も
  • お店までバイクを運ぶ必要がある
  • 基本的に買取価格は低い

結局どこに買取を依頼したらいいの?

はじめに説明しましたが、インターネットから依頼ができるバイク買取業者がおすすめです。

複数ある買取業者から何処を選ぶか悩むと思います。
また業者によってサービスや査定員の対応も大きく変わります。

怪しい悪徳業者だと相場よりも安い金額で無理やり買い取るということや、無料査定なのに買取を断るとしつこく帰ってくれない、査定費用を請求されるなんてこともあります。

安心して取引するためにもしっかりした業者に依頼することが大切です。
ここでは信頼できる非常に評判の高い5社に厳選して紹介します。

バイク王

バイク王

オススメポイント

  • 24時間365日無料出張査定可能
  • 不動車など様々なバイクが買取可能
  • 非常に豊富な販売ルートを独自に持っている
  • バイク専門買取業者では最大手で安心
  • 売却後の書類の手続きも無料で代行可能

テレビCMなどでも有名なバイク王

バイク買取業者では最大手となっており様々なサービスが充実しています。

買取したバイクは直売店のバイク王ダイレクトショップでの販売だけでなくバイク専門業者オークションなどで販売されます。

また数多くのバイクを取り扱っていることから流通コストを下げることができその分を買い取り価格に還元しています。

24時間365日いつでも無料出張査定を行っており安心して査定を依頼することが可能です。
もちろん査定額に納得いかない場合は断ることが可能です。
断った場合でもしつこいセールスや出張費用を取られるということは一切ありません。

営業時間 24時間電話受付可
事故車・不動車 買取可
高額買取期待度 ★★★★★
バイク王の詳細へ

バイクワン

バイクワン

オススメポイント

  • カスタムバイクに特化している
  • どんな車種でも買取可能
  • 最短即日での無料出張査定あり
  • 名義変更や廃車手続きなど様々な書類手続きの代行が無料
  • ネット上から簡単におおよその査定額を調べることができる

カスタムされたバイクを高額査定してくれることで有名なバイクワン

通常カスタムされたバイクは安い査定をされたり場合によっては買取不可とされる場合があります。

バイクワンではカスタムバイクには基本的にプラス評価をしており、ノーマルのバイクよりも買取価格が上がる場合があります。
買い取ってもらう場合基本的にその場で現金支払いしてもらえ当日買取証明書の発行も行っています。

営業時間 24時間電話受付可
事故車・不動車 買取可
高額買取期待度 ★★★★★
バイクワンの詳細へ

バイクブロス

バイクブロス

オススメポイント

  • 最大8社の業者から一括比較することができる
  • オンライン上で最近売却されたバイクが表示されている
  • 幅広い車種が売却可能
  • 1度の査定で複数社から見積りを行うことで一番高い業者に売却することができる

バイクブロスは1度の査定で複数社から査定を行い愛車を売却することができ一番査定額の良い買取店に売却できるのが特徴です。

15万人以上が利用した実績があり安心して取引することが可能です。

もちろん無料出張査定可能で簡単に愛車を売却することができます。
バイクブロスはバイクの一括比較以外にも雑誌の発刊やバイクグッズの販売など様々な事業を行っています。

営業時間 24時間WEB受付可
おすすめポイント 持ち込み可
高額買取期待度 ★★★★
バイクブロスの詳細へ

バイクランド(旧ゲオバイク)

バイクランド

オススメポイント

  • 買い取ったバイクは直販店で販売
  • 全国どこでも買取可能
  • ローン中のバイク、不動車、事故車など様々なバイクの買取可能
  • 名義変更などの代行も可能

ゲオバイクのブランド名を変更したバイクランド

30秒で簡単に行えるオンライン査定はもちろん無料出張査定も行っています。
また買取について様々な相談が行えるコールセンターも完備しています。

時期によっては買取金額が上がるキャンペーンも行っている場合があります。

バイクランドの詳細へ

バイク買取センター

バイク買取センター

オススメポイント

  • 有名中古バイク販売業者
  • 関東エリアを中心に様々なエリアでバイクの買取可能
  • 約30秒で終わる簡単査定でおおよその買取金額がわかる

中古バイクはもちろんバイクのタイヤや消耗品などの販売を行っているバイクセンターです。

キャンペーンで査定のみでもクオカードがもらえます。
個人情報の登録なしでも査定することができます。

バイク買取センターの詳細へ

バイクの売却に必要なものは?

バイクの売却に必要なものは排気量によって異なります。
基本的には125cc以下の車両、126cc以上250cc未満の車両、250cc以上の車両の3つのバイクに分かれます。

125cc以下の車両の場合(小さい白色や黄色、ピンク色のナンバープレート)

  • 標識交付証明書
  • 自賠責保険証
  • 身分証
  • 印鑑

※標識交付証明書はナンバーの登録時に一緒に発行される書類です(登録されている市町村で再発行可能)
すでに廃車された場合は廃車証が必要となります。

126cc以上250cc未満の車両の場合(大きい白色のナンバープレート)

  • 軽自動車届出済証または軽自動車届出済証返納済確認書と軽自動車届出済証返納証明書
  • 自賠責保険証
  • 身分証明書
  • 印鑑

250cc以上の車両の場合(大きい緑色の枠のついたナンバープレート)

  • 自動車検査証または自動車検査証返納証明書
  • 自賠責保険証
  • 身分証明書
  • 印鑑

今人気の高価買取されているバイクは?

GPZ900R

カワサキの誇る名車のGPZ900R

1984年に発売され映画トップガンでも使用された最初のNinjaシリーズのGPZ900Rは現在非常に人気が高く高価買取されています。

約10年ほど前はあまり高価買取されていませんでしたがここ数年でNinjaシリーズが人気となり最初のNinjaとなるGPZ900Rも高騰しています。
現存するGPZ900Rはボロボロなものや不動車などが多いですが綺麗な場合は高く取引されています。

また不動車でも他のバイクと比較した場合非常に高い金額で取引されていることが多く、ここ数年で取引金額が上がっています。

ZX-14R

カワサキのツアラーモデルといえば現行車ならZX-14Rと言われるほど乗りやすく人気にあるZX-14R

非常に高値で取引されており150万円以上で買い取りされているものもあります。

スタイリッシュなデザインと200馬力以上を出力するエンジンで常に人気首位上位を獲得しています。
圧倒的なパワーを持ちながら俊敏な動きも行える運動性能など現行ツアラーモデルの最高峰モデルとなっています。

Z2/Z1

旧車の代表、名車中の名車ともいえるZ2/Z1

昔から非常に人気が高くプレミアバイクの代名詞にもなっているZ2/Z1は現在も非常に高値で取引されています。
Z2/Z1は今なお受け継がれているカワサキのZシリーズの最初のモデルで当時最速を誇り日本だけでなく海外でも非常に高い評価をされていました。

現在でもその人気は高く販売価格でも200万円を超えるものが多くなっています。
もちろん最新のバイクと比較すると性能は劣りますが今にはない独特のスタイルや世界最高の4気筒DOHCエンジンに憧れているライダーは多くなっています。

GSX1300R 隼

1990年代に最高速競争を行っている最中、国内市販車最速となった隼

実測で初めて300km/hを超え衝撃のデビューとなった隼は現在でも高値で取引されています。
国内仕様、海外仕様などがありますがどちらも非常に人気が高くなっています。

国内仕様では2輪車で初めてのETCの標準装備、最大出力197PSとなっておりツアラーとしても非常に優秀なバイクとなっています。

また逆輸入車となる海外仕様(欧州仕様など)はABSやETCは搭載していませんが国内仕様では約200km/hでかかるリミッターがないためそのままでもサーキット走行が可能なスペックとなっています。

隼の国内仕様、海外仕様の違いはともに大きなスペックの変更はありませんがETC、ABSの搭載の有無、約200km/hでかかるリミッターとなっています。

もちろん国内仕様でもリミッターカットは可能となっており変えてしまう方が多いようです。

ゼファー(ZEPHYR)400/750/1100

カスタムベースとしても人気が高くネイキッドの代表とも言えるゼファーはどの排気量でも高値で買取されています。

1990年のレーサーレプリカ全盛期に登場しネイキッドブームの火付け役となったゼファーは現在でもファンが多く中古市場でも人気が高くなっています。
特に2008年式の最終モデルは人気も高く現在少なくなってきている空冷4発は買取金額も上がってきています。

400ccであればZEPHYRχ、大型クラスだと750ccが人気があります。

KATANA(刀)250cc/400cc/750cc/1100cc

スズキの名車ともいえる刀

当時から見劣らない今でもかっこいいデザインは非常に人気が高く現在でも高値で取引されています。

  • 400ccクラスの車格となっているGSX250SSカタナ
  • 初代GSX1100Sカタナを忠実に再現し大型クラスと同様のサイズとなっているGSX400Sカタナ
  • 国内向けGSX750Eのエンジンを搭載しバランスのよい走行性能を兼ね備えたGSX750Sカタナ
  • 世界各国で人気が高く現在ではプレミア価格になりつつあるGSX1100Sカタナ

どのモデルも中古価格が高騰しており値段があがり人気も高くなっています。

CBR1000RR/600RR

レプソルカラーで有名なCBRは今なお人気が高く価格が高いまま安定しています。

どちらのは排気量もれぷそるカラーのほうが人気が高く高価買取されています。

デザイン性、走行性能、カスタムパーツの量など評価する部分が非常に多く優秀なバイクとなっています。

見た目とは裏腹に実は非常に乗りやすく誰でも快適なワインディングを行えるようなバイクですがそのままサーキット走行も可能なような圧倒的なスペックも持ち合わせています。

cb1300SF/SB

ネイキッドバイクの王道スタイルでビッグバイクといえばCB1300です。

ネイキッドモデルのCB1300 SUPER FOUR、ハーフカウルのついたCB1300 SUPER BOLDOR

どちらも非常に乗りやすく人気の高いモデルとなっています。
水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒1300ccエンジンは非常に扱いやすく低回転でも力強いトルクで快適なワインディングを楽しむことが可能です。

cb400SF/SB

400ccクラスでもっとも売れている今でも人気の高いCB400SF/SB

CB1300と同様にネイキッドモデルのCB400 SUPER FOUR、ハーフカウルのついたCB400 SUPER BOLDORがあります。

近年ほとんどの教習所で使用されているほど乗りやすく最近免許を取得した方のほとんどはこのCB400に乗ったのではないでしょうか?

初期モデルとなるNC31、HYPER VTECが搭載されたNC39、最新モデルとなるNC42など様々な型式がありますがどのモデルも他の同年代のバイクと比較すると高い金額で取引されています。
王道ネイキッドスタイルやカスタムパーツの量、乗りやすさなど非常に優秀で発売開始の1992年以降今でも人気となっているロングセラーモデルです。

Ninja250

250ccクラスのスーパースポーツの火付け役となった人気モデルのNinja250

カワサキカラーで有名なライムグリーンは特に人気が高く他のカラーリングと比較すると高い値段で取引されていることが多くなっています。

短気筒エンジンを搭載したNinja250SLも販売されておりSLも車体の軽さ、取り回しの楽さで人気があります。
特殊なカラーリングのSpecial Editionも販売されており新車時の値段が若干高くなっています。

愛車を少しでも高く売るなら?

1.良い買取業者を選びましょう

バイクの買取は買取業者によって大きく変わります。
また買取店の在庫状況や今人気の車種によっても変わります。

悪徳業者の場合相場以下の金額で買い取ろうとする場合や断っても帰らないなんてこともあります。
しっかりした良い業者を選ぶことが高価買取につながります。

2.査定を行う前に洗車

査定前に洗車などの細かいメンテナンスをすることで査定額があがります。

査定師はチェーンの状態やブレーキパッドなどの細かい消耗品もしっかりチェックしています。

清掃していない汚いチェーンや埃まみれのボディのバイクはきれいな状態よりも査定額が下がる場合があります。
査定前にきれいにすることで査定師に大事にされていたバイクと思われた場合査定額もあがります。

3.車載工具などは取り付けておく

車両に取り付けられていた車載工具などの付属品はしっかりつけておきましょう。

車載工具などもバイクの査定に響きます。
純正でついているものはしっかりと取り付けておくことが大切です。

4.複数社見積もりするのもあり

バイクの査定は業者によって大きく異なります。

納得しない金額を提示された場合はいったん断って他の業者に確認してみるのもありです。
「今なら○○円で買取ますが次は厳しい」なんて言われた場合でも基本的にはそんなことはありません。

時期によって買い取り金額が変わることもありますが短期間で大きく変動することはありません。
他の業者に査定をしてみてから検討するのもひとつの方法です。

バイク野郎によるバイク買取記事

関連記事