バイク野郎がお届けする、今が旬なバイクから俺のオススメの乗り方、修理方法をお前たちに伝授するぜ

【2017決定版】BMWの現行モデルでおすすめは?【モデル別】

BMWはドイツを代表する自動車メーカーでバイクも作成しています。

BMWはのバイクは非常に様々なタイプを販売しておりスポーツタイプはもちろんアドベンチャータイプ、ネイキッド、スクーターも販売しています。

以前は排気量が400cc以上となる大型自動二輪が必要なモデルしか販売されていませんでしたがG310Rというモデルの登場により自動普通二輪免許(中型免許)でもBMWのモデルに乗ることができるようになりました。

国内モデルと比較するとディーラーなどは少なくはなっていますが他の外車メーカーのディーラーと比較した場合多くサービスは受けやすいのが特徴です。

ここでは現在新車で購入可能なBMWのモデルを紹介します。

Sport

S1000RR

新車価格 2,180,000円
排気量 999cc
馬力 199PS(馬力)

2012年でのフルモデルチェンジ後、現在第3世代ととなっているS1000RR
現在非常に人気が高く各メーカー力を入れている1000ccスーパースポーツクラスのモデルです。

非常に特徴的なのが1速でも100km/hを軽々超えるパワーで公道で、フルスロットルする機会はほぼないという点です。

逆に純正でそのままサーキットを走り込めるようなスペックとなっておりスーパースポーツらしいモデルとなっています。

もちろん走行性能は非常に高いのですが、車体の軽さとハンドリングのしやすさが非常にすばらしく低速域でも扱いやすいモデルに仕上がっています。
初代モデルから特徴となっている左右非対称ヘッドライトは現行モデルでも継承されており、2012年のフルモデルチェンジ後からは初代モデルと左右逆になっています。

S1000RRにはダイナミック・トラクションコントロール(DTC)が搭載されておりパワー制御を電子的に制御しています。

車体のバンク角や加速度アクセル開度など様々な状況を把握し効率よく路面にパワーを伝えることが可能となっています。
また、右側のスイッチボックスでレイン、スポーツ、レース、スリック、ユーザーの5つのモードを変更することが可能となっています。

その他純正でのグリップヒーター、セミアクティブサスペンション、ブレンボ製4ピストンキャリパー、高性能オートシフターなど非常に便利な機能が搭載されているスーパーバイクとなっています。

R1200RS

新車価格 1,899,000円
排気量 1169cc
馬力 125PS(馬力)

R1200RSは快適なワインディングとスポーツ走行、ツーリング性能を高め融合させることをコンセプトとしたモデルです。
最大125馬力を出力するエンジンにリラックスできるスポーティーなポジションで非常に気持ちいい走行が可能となっています。

上記で紹介したS1000RRと同様にダイナミックトラクションコントロール(DTC)を標準装備しており、サスペンションには電子制御サスペンションとなるダイナミックESAを搭載して快適かつ安全な走行が可能となっています。

Tour

F800GT

新車価格 1,415,000円
排気量 798cc
馬力 90PS(馬力)

BMWのミドルクラスかつツーリングモデルとなっているF800GT
ツーリングモデルらしい大きなキャリアとフラットなタンデムシート、オプションでトップケース、サイドケースを追加することで非常にたくさんの積載を行うことが可能です。

R1200RT

新車価格 2,635,000円
排気量 1169cc
馬力 125PS(馬力)

快適なフルカウルを備える装備充実の車体を強力なフラットツインで走らせる本格ツアラーのR1200RT
電子制御サスやシフトアシスト、ライディングモードも搭載しています。

ツアラーに求められる快適性や安定感、動力性能が向上しておりロングツーリングなどにもってこいの1台となっています。

K1600GT

新車価格 2,920,000円
排気量 1649cc
馬力 160PS(馬力)

直列6気筒エンジンを搭載し、非常にスムーズなフィーリングに160馬力というパワーと分厚いトルクでダイナミックで快適な走行が可能です。

Kシリーズの頂点となる新世代のGTモデルとなっており非常に高い性能となっておいます。

K1600GTL

新車価格 3,125,000円
排気量 1649cc
馬力 160PS(馬力)

K1600GTに快適に走行できるようにシートの変更や大容量トップケースの追加、パニアケース、ナビ、高機能オーディオなど非常に様々な装備を追加したモデルとなっています。

基本的な性能はK1600GTと同じとなっておりエンジンなどに変更はありませんがK1600GTで今後トップケースやパニアケースを追加、変更する予定という方にはおすすめとなっています。

K1600GTL Exclusive

新車価格 3,549,000円
排気量 1649cc
馬力 160PS(馬力)

上記で紹介したK1600GTLに更にキーレスシステム、パッセンジャー用アームレスト、ヒーター付きバックレストなどを採用しておりより快適に走行できるようになっています。

ESTⅡやDTCも標準装備されておりロングツーリンや高速走行も快適に行うことが可能です。

Roadster

G310R

新車価格 約54万1500円(公式には未定)
排気量 313cc
馬力 34PS(馬力)

BMWとしては久々の軽量なシングルロードスポーツのG310R
BMWでは数少ない普通自動二輪免許で乗ることが可能です。

前方吸気後方排気という特異なレイアウトを採用しており、34馬力を出力する水冷シングルエンジンを搭載しています。

そんなエンジンを生かしてかなりスリムなデザインとなっており人間工学に基づいた設計で扱いやすい操作性と高い運動性能を兼ね備えたモデルとなっています。

F800R

新車価格 1,099,000円
排気量 798cc
馬力 90PS(馬力)

2015年モデルと現モデルを比較するとエンジン、フロントフォークが大きくパワーアップしておりフロントフォークは倒立フォークに変更されています。

それに伴いブレンボ製キャリパーも搭載しよりスポーティーな走りが可能となっています。

特徴だった非対象フロントマスクも新しい対象デザインに変更されかなり一新されたモデルとなっています。

RnineT

新車価格 1,925,000円
排気量 1169cc
馬力 110PS(馬力)

古典的案ロードスタースタイルの車体にBMWの伝統のフラットツインエンジンを搭載しています。

あえて1169ccの空油冷エンジンを搭載しており90年というBMWの歴史の重みがわかる1台となっています。

エンジンは110馬力と強力な仕様になっておりフロントフォークはS1000RR譲りの倒立タイプを採用しています。
リアも片持ちパラレバーサスを採用し走りは現代的で非常にスポーティーなモデルとなっています。

S1000R

新車価格 1,699,000円
排気量 999cc
馬力 156PS(馬力)

S1000RRがベースとなっているスーパーネイキッドのS1000R

エンジンの基本的な形式は同じですが中低速トルクを増強しておりオートマリックスタビリティコントロールも標準装備し優れたドライバビリティを実現しています。

足回りのセッティングもストリート走行を想定したものに変更されており町乗りでも快適に走行することができます。

R1200R

新車価格 1,699,000円
排気量 1169cc
馬力 125PS(馬力)

2014年のINTERMOTで発表された2015年モデルのR1200RSの復活に伴いRシリーズのネイキッドモデルとなるR1200Rも新世代の空水冷フラットツインエンジンを搭載し新型となりました。

フロントにはテレスコピックフォークを搭載しておりフレームも一新されています。
この新型フレームはR1200RSと同じ構成を採用したフレームとなっています。

Adventure

G310GS

新車価格 未定
排気量 313cc
馬力 34PS(馬力)

BMWを代表するGSシリーズの一番末っ子として登場したG310GS

普通自動二輪免許でも乗ることができるBMWのバイクとなっておりBMWの小排気量スポーツとしても注目を集めています。
フロント19インチ、リア17インチのキャストホイールを搭載しており町乗り重視のモデルとなっていてロードスポーツよりな性能となっています。

サスペンションは優れた安定性とドライバリビリティを発揮できるセッティングと
なっています。

F700GS

新車価格 1,250,000円
排気量 798cc
馬力 75PS(馬力)

後述するF800GSと共通デザインの車体へキャストホイールを組み合わせたストリート向けのモデルです。
F800GSとエンジンは共通となっていますがよりストリート向けのマイルドなチューニングに変更されています。

F800GS

新車価格 1,420,000円
排気量 798cc
馬力 85PS(馬力)

F700GSがストリート向けなのに対して足回りをオフロード走行できるようにスポークホイールにしたモデルです。

基本的な性能はF700GSと同じですがパワフルなセッティングに変更されています。
エンジンは水冷4stDOHC4バルブ並列2気筒エンジンを搭載しており最大出力は85馬力となっています。

F800GS Adventure

新車価格 1,610,000円
排気量 798cc
馬力 85PS(馬力)

F800GSのヘビーデューティ仕様となるF800GS Adventure

主な変更点は燃料タンクの容量アップ、シュラウドの大型化、エンジンガード、専用シートや大型スクリーンなど非常に多くの装備が快適に走行できるように変更されています。

様々なパーツが変更されてる分価格は上がっていますが値段以上に非常に多くのパーツが変更されパーツの金額を考えると安い金額で購入できるためパーツの変更を考えている方にはおすすめとなっています。

S1000XR

新車価格 2,110,000円
排気量 999cc
馬力 160PS(馬力)

S1000RR直系の長高性能クロスオーバーツアラーのS1000XR

大型スクリーンを組み合わせたカウルを装着しフレームもS1000系のアルミ製ツインスパータイプとなっています。

サスペンションはストロークの長いものが採用されており悪路でも安定走行できるようになっています。

R1200GS

新車価格 2,326,000円
排気量 1169cc
馬力 125PS(馬力)

世界のライダーから根強く支持されているBMWのGSシリーズの中でも伝統となる水平対向ツインエンジンを搭載したスタンダードモデルのR1200GS

エンジンは水冷DOHCヘッドの空冷シリンダーを搭載した新しいエンジンとなっています。

R1200GS Adventure

新車価格 2,492,000円
排気量 1169cc
馬力 125PS(馬力)

DOHC4バルブヘッドを備える強力な新型水冷フラットツインエンジンやボタンひとつで切り替え可能なライディングモードPROなど最新技術を採用しています。

走る道を選ばないタフネスさをさらに強化したモデルとなっています。

Urban mobility

C650Sport

新車価格 1,145,000円
排気量 674cc
馬力 60PS(馬力)

C600スポーツの後継モデルとして登場したスクータータイプのスポーツモデル

よりスポーティな新スタイリングの採用に加え、クラッチとCVTの変更で加速性能を大幅に向上させています。
サスペンションなども変更されておりより高い走行性能となっています。

C650GT

新車価格 1,165,000円
排気量 647cc
馬力 60PS(馬力)

ツーリング向けのマキシスクーターであるC650GTがモデルチェンジし駆動系やデザインなどが大きく変更されました。

車体後部のライトとフェアリングのデザイン、空気抵抗などを見直し従来型よりも振動を低減させた新しいミラーなどに変更されています。
駆動系も変更されておりより快適に走行できる仕様になりました。

関連記事