バイク野郎がお届けする、今が旬なバイクから俺のオススメの乗り方、修理方法をお前たちに伝授するぜ

【コスパ最強】125ccで新車のおすすめバイクは?【原付2種】

125ccの原付2種とは?

50cc~125ccの排気量のバイクの総称です。
原付2種は2人乗りも可能なほか、原付という名前はついてますが
30キロ制限や二段階右折もありませんので車と同じように走ることが可能です。

そんな原付2種のオススメやメリット、デメリット、魅力を紹介します。

125cc(原付2種)のメリットは?

1 維持費が非常に安く原付とほぼ同じで任意保険や維持費、税金が格安。

125ccまでの原付2種は原付と同じで任意保険のファミリー特約に加入することが可能です。
ファミリー特約は年間5000円~7000円ほどです。
ファミリー特約は年齢制限がなく、家族全員が対象で125cc以下の所有バイク全てが対象です。
また事故を起こしてしまい保険を使っても等級は下がりませんので保険料が上がることもありません。
税金も51cc~90ccで1200円
91cc~125ccでも1600円
自賠責保険も年間約5000円です。
車検もないので維持費が抑えられ年間約2万円です。(1700円/月程度)

2 運転しやすい車両が多い。

一概には言えませんが基本的に運転しやすいものが多いです。
車体は一回り大きい原付という感じのものが多いです。
車体が軽いためとりまわしがしやすく、誰でも運転しやすいように設計されています。
駐輪場も原付2種まで駐輪できるものが多く駐車できる箇所が多いというのもメリットです。

3 原付に比べると加速が良く流れに乗れる。

車両によりますが現行の原付2種では80キロ以上は普通にでます。一部の車両では100キロ以上出るものもあります。
排気量が大きなものに比べると小さいので馬力は少ないですが車体が軽いめ0キロ~40キロまでの加速は車に引けをとらないものになっています。
原付は30キロ制限があるためたとえ60キロオーバーでる車両でもスピード違反になってしまいますが、原付2種は法律的にも問題なく車の流れに乗って走れます。

4 国内メーカーが力を入れている。

最近国内4大メーカーが力をいれています。
新車で買える現行車種で続々と新しい車両を発表しています。
PCX、アドレス、dio、Majesty125、スーパーカブ、グロム、CBR125などなどたくさん出ています。

バイク高額買取の方法

 

125cc(原付2種)のデメリットは?

1 高速道路などの有料道路に乗れない場合がある。

高速道路などの有料道路には125ccでは乗れません。
一部有料道路でも乗れるところはありますが基本的に乗れないと思っていたほうがいいでしょう。
ツーリング等に行く場合はしっかり計画を立てる必要があります。

2 エンジンのパワーが弱い

原付に比べるとパワーはありますがそれでも250ccと比べても半分しかありません。
排気量の壁は仕方ないのですが最高出力で比べても3分の1程度となります。
パワーが弱いといっても100キロ近くは出てしまうので、普通の一般道では実感しにくいかもしれません。
ただし登坂車線などを通行する場合パワー不足を実感することもあるかもしれません。
ですが50㎞/h~60㎞/h程度は出ます。車の追い越しは少し厳しいかもしれません。

ここから現行で今でも新車が買えるオススメ車種を紹介します。

ホンダ スーパーカブ110プロ

排気量 109cc
燃費 66.0km/L
新車価格 ¥238,000~

新聞配達や郵便局で使われているビジネスタイプのバイクです。
ビジネスバイクは基本的に壊れにくく、誰でも運転しやすいようにできています。
装備は完璧ではないでしょうか。
カブシリーズはホンダから出ておりもう50年間以上も発売されてきた超ロングセラーです。
また世界で一番売れているバイクでギネスブックにも載っています。
このバイクで日本一周したという番組もありもはや伝説のバイクです。

 

ホンダ クロスカブ

排気量 109cc
燃費 62.5km/L
新車価格 ¥265,000~

カブのオフロードタイプです。
燃費もかなりよく普通のカブよりもオシャレになっています。
カラーリングもボスグレーメタリック、パールコーンイエロー、ファイティングレッドと3種類。
オシャレで力強い走りができ、山道、林道にオススメです。
クロスカブでキャンプツーリングに行きたいものです。

ホンダ ディオ110

排気量 108cc
燃費 57.9㎞/L〈2名乗車時〉
新車価格 ¥212,000~

メットインが広く(18L)使いやすい仕様になっています。
純正でセンタースタンドとサイドスタンドがついておりフロントインナーラックも便利です。
新開発されたeSPエンジンで燃費性能、環境性能は現行最強です。
アイドリングストップシステムもあり信号待ちで、燃料消費、排ガス、騒音をおさえています。
スポーティなデザインの車体はかっこよくオシャレです。
カラーも4種類ありホンダが原付2種クラスでいま一番力を入れている車両です。

ホンダ グロム

排気量 124cc
燃費 63,2㎞/L〈2名乗車時〉
新車価格 ¥310,000~

トルクのある125cc空冷4stOHC単気筒エンジンの4速マニュアル。
極太インチタイヤや倒立フロントフォークは他の原付2種と比べると別物です。
またヨシムラやタケガワなどの有名カスタムパーツがいま出ており現行車両で一番熱いです。
純正マフラーがアップマフラーで純正でもかっこいいです。

SPONSORED LINK

ホンダ PCX

排気量 124cc
燃費 53.7㎞/h〈2名乗車時〉
新車価格 ¥305,000~

LEDヘッドライトやラインビームのLEDポジションランプを純正で採用
eSPエンジン搭載で燃費も抜群。環境性能のいいアイドリングストップシステムを標準装備。
大きな車体は他の原付2種と比べると別物でどちらかというと250ccクラスのビックスクーターのような風格。
カスタムパーツが多数でているので自分好みのカスタムができます。
燃料タンクも8.0Lと大きく快適です。

ヤマハ トリシティ125

排気量 124cc
燃費 35.8km/L〈2名乗車時〉
新車価格 ¥330,000~

LMW機構という3輪スクーターです。
他のメーカーからは出していないモデルで特徴的。
3輪ですが走っている時は3輪とは思えないハンドリングで走っている時は2輪と変わらないくらいです。
取り回しも問題なく扱いやすい車両です。ABSもあり、20Lのメットインも使いやすい!

ヤマハ NMAX

nmax

排気量 124cc
燃費 50.5km/L〈2名乗車時〉
新車価格 ¥315,000~

ヤマハの大型スクーターのTMAXを筆頭としたMAXシリーズの125ccモデルです。
国内モデルでは初めて搭載される新型エンジンの“BLUE CORE”エンジンを搭載。
走りの楽しさと環境性燃費両方の両立を可能とした新型エンジンで気持ちよく町中を走ることが可能となります。
シート下のメットインは24Lと非常に大きくフルフェイスヘルメットがすっぽり入る大きさとなって下り通勤通学にも便利となっています。
最新型のマルチデジタルメーターは非常に見やすくオシャレなメーターで使い勝手もgood
nmaxme-ta

ヤマハ  シグナスX SR

排気量 124cc
燃費 40.0km/L〈2名乗車時〉
新車価格 ¥270,000~

スポーティなフロントでオシャレなシグナス。
テール回りもオシャレで未来的なデザインです。ウェーブ形状フロントディスクブレーキで他とは違うデザインに。
フロントポケットも広くまさに通勤快速。メットインも31Lと広く速くて使いやすい!

スズキ アドレスV125

排気量 124cc
燃費 52.0km / L〈2名乗車時〉
新車価格 ¥225,000~

クラス最軽量なコンパクトなボディからは想像できない9.9馬力
原付とほぼ変わらないサイズでのこの馬力ですのでかなり早いです。
新車価格も他よりかなり抑えられており、非常に手の出やすいものになっています。
最少半径1.8mと取り回しはかなりいいです。
上位モデルでアドレス125Sなども出ており選べる幅が広がります。

カワサキ D-TRACKER 125

排気量 124cc
燃費 53.5km/L〈2名乗車時〉
新車価格 ¥342,000

カワサキから現行で出ている本格オフロードモデルのD-TRACKER 125
カワサキらしくかっこいいカラーリンクで現行オフロードモデルでは1番人気です。
大きすぎない車体は取り回しもよく安定しています。

カワサキ Z125 PRO

排気量 124cc
燃費 50.0km/L〈2名乗車時〉
新車価格 ¥345,600

カワサキZシリーズの末っ子として125ccで登場したZ125 PRO
Zシリーズ伝統のストーリートファイターのようなデザインと走り重視の装備でしっかりとZを継承したモデルとなっています。
概観は大型となるZ1000をコンパクトにしたようなデザインではありますが前後ディスクブレーキ、フロントフォークは倒立フォーク標準装備と125ccとは思えないほど豪華な装備となっています。
またタンクは7.4Lと大容量で長距離にも強く様々な場面で活躍が期待できるバイクです。
カラーリングはカワサキらしいライムグリーンと渋いカラーリングのメタリックグラファイトグレーの2種類が発売予定
多機能デジタルメーターも搭載しておりアナログタコメーターとギヤポジションインジケータ、デジタルスピードメーターも搭載しており利便性も非常に高いモデルとなっています。

SPONSORED LINK

排気量別おすすめバイク

不動車の処分、愛車の売却について

バイク高額買取の方法

関連記事