バイク野郎がお届けする、今が旬なバイクから俺のオススメの乗り方、修理方法をお前たちに伝授するぜ

バイクのエンジンオイルの基礎知識

バイク乗るうえで必要な消耗品
その中でもエンジンの血液ともいえるのがエンジンオイルです。
ここではそんなエンジンオイルについて役割、選び方、表示について紹介します。

エンジンオイルの役割

そもそもエンジンオイルとは何のために入れるのでしょうか。

1 潤滑作用
エンジン内部に油膜を張ることで金属の接触面の摩擦を減らしエンジン内部を保護、潤滑させます。
2 洗浄作用
エンジン内部を循環することでゴミや金属片、金属粉などの汚れを取り込みオイルフィルターを通すことでエンジン内部を洗浄します。
3 冷却作用
オイルが循環する際エンジンで発生した熱を奪いエンジン内を冷却します。
また循環経路にオイルフィルターを通すことで効率よく冷却できます。
4 密封作用
シリンダーとピストンが動く際わずかな隙間が出来てしまいます。
しかしオイルがあることでこの隙間を密封してガスの吹き抜けをしっかり防ぎエンジン本来の出力を可能とします。
5 防錆作用
オイルがエンジン内部の金属面に薄い油膜を張るため空気、水分から発生するといわれている錆びを防ぐことができます。

エンジンオイルの選び方

エンジンオイルの選択は粘度、規格、成分の3種類。
粘度は純正指定ベースに使い方や気温などを踏まえて検討し規格はJASOに準じていれば安心して利用できる。
成分は予算、求める性能によって使い分けるのがベストである。
しかしそうした選ぶのが面倒だとメーカー指定の純正オイルを使うのが問題ない。

オイルは缶の表示にしっかり記載されている。
上記の画像はワイズギア ヤマルーブプレミアムのものです。
SAE 10W-40 JASO MA
と記載されている

粘度

SAE 10W-40 は粘度についての記載
SAEというのはソサエティ・オブ・オートモーティブ・ソサエティというアメリカの標準化団体の略称。

団体が規格化したオイルの粘度をほとんどのメーカーがこの粘度の指数に準じている。
10W というのは低温時の粘度 Wはウィンターを意味しており低温時でもその数字並みにしか硬くならない。
40 というのは高温時の粘度 ベースとなる粘度指数で数字が大きければ大きいほど粘度が高く高温時でも粘度を維持して油膜切れなどを起こさない

等級(グレード)

JASO MA というのは等級のこと
エンジンオイルに求められる品質の規格
日本ではJASO規格によりバイク用エンジンオイルが等級規格されていて

  • MA はギア付きの一般的なバイク
  • MB はオートマ推奨のエンジンオイル

となっている。

ベースオイル

またエンジンオイルは大きく分けて鉱物油と化学合成油の2つとそれらをブレンドした半(部分)合成油がある。
それぞれ自分に合ったエンジンオイルを選ぶことが必要である。
 
鉱物油 原油から精製されたベース油に添加剤を加えたもの。安価ではあるが粘度低下から復帰しにくいというデメリットも。
化学合成油 ナフサなどをベースとし、化学的に精製したオイル。分子安定性が良く浸透性、潤滑性に優れているが高コスト
半(部分)合成油 半分または部分的に化学合成油を使い中間的な性能を持つ。

エンジンオイルの交換時期は?

オイル交換の一般的な目安は3000㎞~5000㎞または6か月と一般的に言われています。
またオイル交換の2回に1回は一緒にオイルフィルターも交換も推奨です。

使用頻度が多く走る方は距離での管理。
距離は走らないという方は期間での管理が良いかもしれません。
自分に合った管理方法を決めるのも楽しみの一つです。

関連記事